骨粗しょう症|箱崎の整形外科クリニック|秋吉整形外科

〒812-0061 福岡県福岡市東区筥松3丁目19-72
お気軽にご相談ください!
092-624-1055
MENU

骨粗しょう症

骨粗しょう症|箱崎の整形外科クリニック|
秋吉整形外科

骨粗しょう症(骨粗鬆症)

Osteoporosis

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは

年を取ると骨が弱くなっていきます。この状態を骨粗鬆症と呼びますが、骨粗鬆症になって問題となるのは「骨折」です。高齢になれば運動神経や筋力も弱り、転びやすくなります。その結果骨粗鬆症の人が転倒して「骨折」が発生します。
多くの人が骨折を起こして、初めて骨粗鬆症であったことが判明します。高血圧の人が脳出血を起こす前に血圧を下げて予防するように、骨粗鬆症の人は骨密度を上げて骨折を予防することが必要です。

女性ではできれば65歳になった時には一度骨密度を調べてみることをお勧めします。そのころから骨粗鬆症を早期発見し、必要であれば治療を開始することによって、80歳やそれ以上の年齢になったときに骨折を契機に寝たきりになるリスクを減らせられると思われます。

骨密度の検査には様々な方法がありますが、日本骨粗鬆症学会のガイドラインでは「腰椎あるいは大腿骨頚部で測定するDEXA法」が推奨されています。測定機種により骨密度はかなりばらつくので、現在最も信頼できる方法はこの「腰椎あるいは大腿骨頚部で測定するDEXA法」です。当院ではこの機械で骨密度を作成し、ガイドラインに準じた方法で骨粗鬆症の診断と治療を行っていきます。

TOPへ